2006年01月10日

スタート


image/pinaco00-2006-01-10T00:51:52-1.jpg

PCないのは不便だよーぅ。取り寄せ入荷待ちのブツ…
取れたかどーかのメールが確認できん

あうぅ…


さて。

ヨガを始めてみました
今迄の自己流ストレッチに限界を感じましてね
やってみると取り入れてたポーズが何個もあって…
あら、ヨガちっくだったのねんって(笑)思いつつ…
1回通すと1時間。
けっこうクル…
んで、すごく気持ち良いのよ
伸びる所はきゅーっと伸び…
ハマリそうだすよ
posted by pinaco at 00:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | 本の話

2005年08月22日

つれづれノートM


ようやく読み終えました。
Lあたりから雲行きあやしかったけど、終わりなんだなぁ。
カンちゃんも中学生でお年頃になってくるしねぇ。
外との接触を極力避けたい時期なのかな・・・。

あるある。
大好きな音楽を聴きながら、家の中にこもって黙々と過ごす。
ひなボの園が始まってから久々に私も引きこもってます。
実家では私がいるのかいないのか謎らしい。
車あるんだから判りそうなもんだが・・・。
それでナニしてるかって?
のんびりこうしてブログ更新したりとか・・・。
夏休み中に出歩き過ぎたので、クールダウン中。



posted by pinaco at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話

2005年05月26日

なつかし〜い


image/pinaco00-2005-05-29T15:55:43-1.jpg


私が幼稚園児だった時にめちゃくちゃ大好きだった絵本。
『とこちゃんは どこ』
おばあちゃんに買ってもらった赤い帽子がお気に入りのとこちゃんは、大人が目を離すとすぐにどこかへ《とことこ》歩いて行ってしまう。
縁日でもデパートでもお構いなし。わが道を行くとこちゃん。
しいて言えば、ウォーリーを探せ、とこちゃんバージョン。って感じかな。

確か近所に住んでいた担任の先生の家にあった絵本で、あまりのラブっぷりに先生からプレゼントしてもらったような気がする。
今思い出したけど、近所に住んでいたので、良く先生のアパートに遊びに行った私。
休みの日まで、にこにこともてなしてくれた先生。
えらい迷惑な話かも・・・。
先生とは今でも、たぶん形式だけではあるけど、年賀状のやりとりは続いている。

ひなボの夏服を見に行って、本屋さんで見かけたので即買い。
ひなボも気にいったようで、毎晩寝る前の読み聞かせの1冊に加わった。
今まではライダーしか興味なかったのに。

ちょっとウレシイ。
posted by pinaco at 15:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話

2003年06月30日

つれづれの季節


銀色夏生のつれづれノートKが発売。駅前の本屋さんは全滅で、ポイント欲しさに発売日からじーっと我慢していた私はがっくりながら、近所の本屋さんで購入。
だったら、発売日買いでよかったよ・・・とほほ。
いつもは朝までかかってでも一気に読み上げるんだけど、重い・・・重くて進まない。
先ごろ、某サイトを賑わしていた不快な空気の答えみたいなものが、本の中にはあった。
書いてあるのは去年の事だから、当然違うものなんだけど。
でもまぁ、その部分を除いては、相変わらずな銀色さんファミリー。
ちまちまと、読んでいます。
posted by pinaco at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話

2003年05月26日

絵本


探していた、梨木香歩さんの絵本を買った。
『マジョモリ』と『蟹塚縁起』
まずは帰ってきてすぐに『マジョモリ』を読んだ。線の細い淡い色彩の挿絵もかわいい。
そして、ここに出てくるお母さんは子供みたいで、なかなかいい味を出していたよ。

posted by pinaco at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話

2003年05月06日

心に残ったことば


銀色夏生の『ぶつかり体験記』をものすごーい時間かけて、ようやく読み終わった。
銀色さんが興味のあるものや場所へ出向いていろいろ体験する内容の本なんだけど、前世を調べに行った体験談なんて、すごくいんちきくさくて、銀色さんも苦しみながら体験してるから、読んでるこっちまで眉間にしわが寄っちゃう・・・
その中の最後に『未来食サバイバルセミナー』ってタイトルも怪しげ・・・なセミナーの体験談っが出てくるんだけど。
ココで出てくる食べ物はスローフード。薬品や合成剤の入ってない自然のものを体内に取り入れましょうって事で、その主催者大谷ゆみこさんが言った言葉で銀色さんの心に残ったもの。

『大人が勝手に楽しく暮らすことが、子どもへの教育』『苦しくなったらそれは間違い。正しいことは楽しいもの』
確かに、つまんなさそうにきりきりしてたら、子どもも神経質にぴりぴりしちゃうもんね。
楽しんでいーんだ。って普段の私をおもいっきり肯定してみたりして。

本の最後で銀色さんが言ってる事で、見習いたいなぁと思ったことば。
『私は人生体験派。まずやってみる・・・』
興味のある事はどんどこ取り入れて、やってみたいもんだけど・・・
『未来食サバイバルセミナー』
名前だけ聞いて、行く気にはなんないよなぁ・・・

posted by pinaco at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 本の話

2003年02月09日

目ヂカラ?


季節が変わると髪をどうにかしたくなる
去年の夏に、思いっきり切られてから数ヶ月。やっとどうにかなりそうな位まで、伸びた髪を
どうしよっかなぁーと、本屋さんで雑誌を立ち読み
最初はどれもこれも似たような・・・って思ってたんだけど、ふと、モデルの女の子たちの表情にくぎ付け
みーんなメイクしたての顔で、睫毛くりりんで、怖いくらい目が大きく写ってる
いろんな人がいるんだから、いろんな顔があってもいいのに。
あまりにもみんな笑ってない目を見開いているもんだから、そっちに気をとられて髪型どころじゃなくなっちゃったよ
不自然で、ちょっと怖かった

posted by pinaco at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。